トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
九州のメディアが中国のコロナ対策と経済再開の成果を積極的に評価
2020/07/13

    7月8-9日、律桂軍総領事は日本放送協会福岡放送局の傍田賢治局長、テレビ西日本株式会社の寺崎一雄代表取締役会長、RKB毎日放送株式会社の井上良次代表取締役社長とそれぞれ会談した。

    律総領事は九州地区で豪雨により犠牲になられた方々にお悔やみを表すると共に、被害を受けられた方々にお見舞いの意を表した。律総領事は中国がコロナの感染予防・コントロール及び経済回復において収まった重大な成果と進展を紹介し、メディアが中日両国国民の相互理解を深めるためには重要な役割を果たしていると強調した。九州地区における重要なメディアとして公正・客観的な報道により、日本の国民に真実な中国を積極的に紹介してほしいと述べた。

    傍田局長、寺崎会長、井上社長は中国のコロナ対策と経済再開の成果を積極的に評価し、中国が世界のコロナ対策と経済の回復に更なる役割を果たすよう期待していると語った。また、中国駐福岡総領事館と連携し、中日両国のメディア関係者の交流を強化し、相互信頼関係を増進するために努力していくと表明した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷